バス移動の優れた特徴

車内

時間を有効に活用

高速バスを普段利用していない人は、高速バスは新幹線などと比べると時間もかかったり、乗り心地が悪いのではないかと利用を敬遠しているかもしれません。しかし、高速バスの方が時間を有効に使うことができたり、乗り換えなしで目的地までいけるなどたくさんのメリットがあるのです。ここでは高速バスの優れた特徴についていくつか説明していきます。新幹線であれば3時間程度でいける場所は高速バスでは8時間程度かかってしまいます。このため、高速バスは時間がかかると考えがちです。しかし、夜行バスを使えば乗っている時間は8時間であったとしてもそのほとんどは就寝時間になるため体感的には1時間程度にしか感じないことがほとんどです。新幹線は朝6時以降にしか走行することができないので、早朝到着することはできませんが、高速バスであれば早朝に目的地に到着して有意義に時間を使うことができます。高速バスは日本中の全ての都道府県で走行していて、鉄道や飛行機では直行運転していない区間もたくさん路線として定められています。地方都市から地方都市へ鉄道で移動する場合には一度近くの大都市に移動して目的地近くの大都市まで行って更にそこから目的地の地方都市へ移動すると何度も乗換をしなければいけません。しかし、高速バスは地方都市間の路線が設定されていることが多く、乗り換えなしで目的地にいくことが可能です。設備に関しても特にシートは新幹線のシートよりも乗り心地がよいと評判のバスも走っています。