快適なバスの選び方

バスターミナル

快眠する時の座席

数百キロレベルの移動をするときには、新幹線や飛行機を移動手段として考えがちですが、料金が安くて設備も快適な高速バスの人気が高まっています。また高速バスでも夜行バスを利用すれば、寝ている間に目的地に到着するので時間を有意義に使えると人気です。目的地に早朝到着して、帰りも夜行の高速バスを使えば、他の移動手段より長時間目的地を堪能することができます。高速バスで使う車両は外見は普通の観光バスのように見えますが、内部は車両によって設備が大きく異なっています。特に座席数は4列シートタイプのものと3列シートタイプのものがあり、予約をするときに調べることができます。4列シートタイプの方が運賃は安くなりますが、3列シートタイプのものは隣の席と独立していることも多いので、ゆったり座れたり、プライベートが確保することができます。予約をするときには料金の安さを重視するか快適性を重視するかで3列シートか4列シートかを選ぶようにするとよいでしょう。夜行の高速バスを利用するときに途中でサービスエリアなどで休憩を取ることが多くなっています。そんなときに前の方の座席を予約すると多くの人が横を通り過ぎることになり、快眠がしにくくなります。予約するときに座席指定ができ、ゆっくり寝たいのであればなるべく後ろの方の席を確保した方が快眠しやすくなります。同じように快眠するためにはタイヤの真上の席を避けたり、トイレがあるバスの場合にはトイレの近くの席も人が通りやすいので避けた方がよいでしょう。